魅せるサイト作りのためのWEB動画

殆どすべてのインターネットブラウザは、最新版であればHTML5という技術が採用されています。

WEBサイトデザインにおける素材としての動画

魅せるサイト作りのためのWEB動画 殆どすべてのインターネットブラウザは、最新版であればHTML5という技術が採用されています。これは従来のHTMLから様々な面において大きく進歩を遂げた技術なのですが、そのことが最もよく表れているのが各種メディア表現です。特に動画については<video>タグと<audio>タグにより、HTMLから直接扱うことができるようになりました。

これにより、動画をFlash等のプラグインを導入することなく、直接扱うことができるようになりました。CSSを利用することによって、簡単に動画をWEBページの背景素材として表示することが可能です。アイデア次第で、非常に見栄えのする演出を行うことができるようになりました。

ただしブラウザによって扱うことのできる動画の種類が異なるため、すべてのブラウザで動画が再生されるようにするためには、それぞれのブラウザの対応しているファイル形式の動画を準備する必要があります。一般的にはWebM形式とMP4形式で十分でしょう。また動画サイズについては、ユーザーのインターネット閲覧に負担を感じさせないように、なるべくサイズを小さくする工夫が大切です。大きくても3MBより小さくするようにしましょう。理想は500KB前後です。

Copyright (C)2019魅せるサイト作りのためのWEB動画.All rights reserved.