魅せるサイト作りのためのWEB動画

インターネットブラウザの表現力は非常に高くなってきています。

WEBブラウザ上で本格的なCGを楽しめるWebGL

魅せるサイト作りのためのWEB動画 インターネットブラウザの表現力は非常に高くなってきています。特にHTML5とCSS3が採用されるようになって以降、メディア表現においては依然と各段の進歩を遂げています。これまでFlash等のプラグインによってブラウザ自体の機能を拡張しなければ表現することができなかったようなことが、先の2つの技術とJavaScriptによってブラウザ内で実現することができるようになりました。

その大きなひとつの例がWebGLによるCG表現能力の向上です。WebGLは3Dや2DのグラフィックをWEBブラウザで取り扱うためのAPIと呼ばれる標準機能です。これによって特に3Dグラフィックの取り扱いが簡単になったうえ、高度な表現が実現できるようになりました。すでに多くのクリエイターが、WebGLを使ってゲームや映像等で3Dグラフィックを駆使しています。

そうした作品は、一見するとデスクトップアプリによる3Dグラフィックとまったく遜色のない機能や演出が盛り込まれています。WebGLを使ったサービスの中には、オンライン上で3Dモデルのデザイン・編集を行うことができるというものも登場してきています。今後も、3Dグラフィックを駆使したオンラインサービスは間違いなく充実してくることでしょう。

Copyright (C)2019魅せるサイト作りのためのWEB動画.All rights reserved.